12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2005-09-06 (Tue)
<2002年 9月6日>

この世のものとは思えない痛み地獄から抜け出した私は、
身も心も大変軽やかでした。
まだ少しお腹は痛かったけど、そんなもん平気のへっちゃらららぁ~♪
朝一番でレントゲンを撮りに行くようにと言われていたのに、
朝一番でシャワーを浴びてしまいました(^O^)
だって、脂汗まみれで気持ち悪かったんだもん!

レントゲンのオーダー用紙には『即現像』にマルがくれてありました。
レントゲンが出来てきて私も見せてもらったのですが、そこにはとんでもないものが写っていました。
素人が見てもすぐ異常だとわかるようなスゴイ写真。

お腹の左上の部分の腸(小腸?)が、4本くらいパンパンに膨れ上がっているのです。
真っ黒に膨れ上がっていて、その少し下にいくと今度は真っ白。
黒と白の境は、線を引いたように一直線に分かれています。
黒の部分が気体で白の部分が液体だそうです。

言い渡された診断名 『イレウス(腸閉塞)』 でした w(☆o◎)wガーン
黒と白のコンビが美しいあのレントゲンは、腸閉塞の典型的な像らしいです。
看護師さんが「わぁ、教科書みたい!」と言って見入っていました ヾ(・・;)オイオイ
自分で言うのもなんだけど、見るからに痛そうなレントゲンでしたよ。
腸があんなに膨れ上がるなんて・・・・・・・破裂しなくてよかったです。

あの夜、私のお腹では「キーン、キーン」という高い金属音が鳴っていたそうです。
↑いつ、聴かれたのかよく覚えてないんだけど (^_^;)
で、看護師さんは(あ、これ、腸閉塞かもしれない)と思ったそうです。
別の看護師さん(本当は助産師さん)には「あんなに苦しんでいる患者さんを見たのは久しぶりだったわ」
と言われました (T_T)

ちょっとしょんぼりして母に電話をかけました。
私 「私ね、腸閉塞になっちゃったの。昨日の夜、死ぬかと思うほどお腹が痛かったんだよ~。
腸閉塞って知ってる?」
母 「あ~、腸閉塞ね。知ってる!知ってる!

ジャイアント馬場って腸閉塞で死んじゃったのよね


あ、あ、あ、あ、あのさ・・・・・・・・・死んだって・・・・・・・・・・・そんなこと今の私に言わなくたって・・・・・・・・・
怖いもの知らずのパパラッチ母にあっけなく撃沈されて静かに電話を切ったのであります (-_-#)



AUTHOR: ひなたぼっこ DATE: 09/07/2005 05:59:37 開腹手術の怖さの1つに腸閉塞が有りますね。
私も出来るだけ便秘をしないように気を付けております。
今でも、恐怖は有りますから・・・

Return

スポンサーサイト
* Category : 筋腫(Myoma)的日々
* Comment : (15) * Trackback : (0) |

* by ノアノア
●あかんべいさん
あまりにもわかり易い私の腹黒レントゲン、今ごろどこかの医学部や
看護学校の教科書に載ってるかもしれません(笑)
>腸というのは、こういうパンパンに張る力に対してはすごく痛いそうです。
あれはね~、ホントにこの世のものとは思えないくらい痛かったですよ。
術後の傷の痛みとか『地獄3丁目』の痛みとか、そんなもんはるか彼方にぶっ飛んでいくほど強烈でした。
開腹手術なんて、するもんじゃないですね (;´д`)トホホ

* by ノアノア
●+さん
まさか腸閉塞になるとは思ってもいませんでしたよ~。
はぁ?チョーヘイソクって何ですかぁ?って感じでした (^_^;)
ジャイアント馬場は「腸閉塞です。あと2時間の命です」と言われて(言われたの夫人だけど)本当に2時間後に息を引き取ったそうです。
腸閉塞といってもいろいろな種類があるらしいので、彼のは特別重症だったのでしょうね。
>だ、だいじょうぶだったんですよね。こうして今ブログしてますものくまね。。
時々、足が消えますが、多分生きているんだと思いますよ・・・・・・( ̄ー ̄)ニヤリッ
+さんのブログに残す足あと、たま~に消えることもあったりするかもくま。フフフ。

* by あかんべい
>真っ黒に膨れ上がっていて、その少し下にいくと今度は真っ白。
>黒と白の境は、線を引いたように一直線に分かれています。
>黒の部分が気体で白の部分が液体だそうです。

おおっ!昔習いました!腸閉塞の典型的なレントゲン写真。
「ニボー形成」というんですよ、って今だからこんなことが言えますが・・・。
実際には大変でしたね。
腸というのは、こういうパンパンに張る力に対してはすごく痛いそうです。
あー、へなへな。

* by +
こんばんはー。
うぉぉ、、、腸閉塞だったくまねガクガク(((( ;゚Д゚))))ブルブル
じゃ、ジャイアント馬場さんはそれでなくなったくま?ガクガク(((( ;゚Д゚))))ブルブル
だ、だいじょうぶだったんですよね。こうして今ブログしてますものくまね。。
怖いくま~。。
今は、元気になってよかったですくまね(・(ェ)・)v

* by ノアノア
●peridottoさん
その時は本人も必死?だから、あまり大変とか思わなかったのですが、
友達とか周りがそう言うから、あ~、大変なことなのかなぁって・・・・・(^O^)
ホントに、人生いろいろですね~。
母とは長~い付き合いで(笑)子供の頃から鍛えられてるので、全然平気ですよん (^^)v

* by ノアノア
●2800さん
まったくねぇ、面倒なおまけがついてきましたよ (^▽^;)
腸閉塞にもいろいろあるみたいだから、私のは大したことなかったんだろうけど、
あの痛さだけはもう二度とカンベンですよ。。。
『憎まれっ子世に憚る』ですからね。ノアノアはしぶといです!( ̄∀ ̄*)イッヒッヒ

* by peridotto
大変な思いをされたんですね。
今のノアさんが嘘みたいです
でもお母さんの発言が凄いです

* by 2800
本当に大変だったのですね…何か言葉になりません。ゴメンなさい。。。
腸閉塞、どんな痛みなのか想像もつきませんが、重篤な症状だということだけはわかりました。
ノアノアさんがご無事に回復されて、本当に良かったです!

* by ノアノア
●雪見酒さん
お友達も腸閉塞になられたのですか・・・・・そのときのお友達の状態・お気持ち、お察しいたします。。。
「あなたは手術してすぐの腸閉塞だったからまだ運がいい方よ~。何十年も経ってからだとガチガチになってるから・・・・・」と、看護師さんに言われました。
一応、なぐさめの言葉として受け取りました (^_^;)
基本的にとことんクジ運が悪い私が、なぜこの時だけ腸閉塞クジを引いてしまったのか大謎です ( ̄~ ̄;) ウーン

* by ノアノア
●あゆりさん
イレウス・腸閉塞、いや~な響き!実にいや~な響きです!
今でもこの言葉を聞いたり、文字で見たりするとゾク~っとします。
↑なら、書かなきゃいいのにってツッコミはなしでお願いします (^_^;)
開腹手術の場合、かなりの確率で癒着が起こることは聞かされていたけど、
腸閉塞なんて言葉は聞いてないぞ~!と、今頃になってちょっと怒ってみたりして(笑)
ま、癒着=運が悪けりゃ腸閉塞ってことですね (;´д`)トホホ
痛みは、ピークを過ぎると感じなくなるみたいです・・・・・って、私が鈍いだけかも??
ジャイアント馬場は、腸閉塞と診断されて2時間後に亡くなったそうですよ。
どんな種類の腸閉塞だったのでしょうか・・・・・・・・怖いです ((+_+))ブルブル

個別記事の管理2005-09-05 (Mon)
<2002年 9月5日 木曜日>

この日は朝からどんより曇っていました。
独居房の生活にも慣れて、いろいろ痛めつけられながらもそれなりに
快適な入院生活♪
午後のおやつにアイスを買って最上階の展望室でそれを食べながら
友達にメール。
この病院の展望室からは、都庁や東京ドームが見えて景色は最高です!
夕食の後は、お見舞いにいただいた高級なお菓子でデザートタイム (*^_^*)
2002年9月5日・・・・・この日この時までは、まぁまぁ幸せでした。。。。


18:00 夕食 そぼろご飯 半分ほど摂取。 その後、デザートのお菓子少々。
夕食後、この日入院で同室になった人とおしゃべり。
21:00 『渡る世間は鬼ばかり』を観る (^O^) 胃痛あり。大して気に留めず。
21:30 胃痛+吐き気でトイレへ。何も吐けず部屋に戻る。部屋とトイレの往復。
胃痛増大!ナースコールする。
22:00 ブスコパンの注射。
22:30 主治医(当直だった)が看護師さんと共に訪室。胃痛が軽くなる (^^)v
これまで鎮痛剤をたくさん飲んでいたので、胃痙攣だろうとのこと。

これから先は時間が不明です。

ブスコパンで胃痛はキレイになくなったけど、その代わりおへその辺りが痛み出す。
寝てられず、ベッドにあぐらをかいて座りテーブルに突っ伏す←これが一番ラクな格好。
腹痛は増す一方。おまけに一度消えた吐き気まで登場 (-_-;)
とにかくお腹が痛い!痛い!痛い!
吐き気もだんだん強くなってくるのでトイレにも通う。でも何も出ない。出てこない。苦しくて涙。
5分おきにトイレ通い。腹痛がすごくて頭から脂汗。まるでシャワーしたあとみたいに体も髪もぐっしょり。
何十回目かのトイレ通いでやっと全部吐くことができた。未消化のものもあった。

吐いたからこれで腹痛もなくなると思った。ゆっくり寝れると思った。でもまだ地獄は続いた。。。

吐いても相変わらず続く腹痛。痛みが引く瞬間がない。ずっとずっと痛みっぱなし。
しかも、その痛さがだんだん強くなる。
足を曲げて腹筋の緊張を取る姿勢を取っても息を止めても何をしても痛みが引かない。
ほんの一瞬でもいいから引いてくれればいいのに。引くどころか痛みの強さが増していく。
あまりの痛さに涙も出ない。声も出ない。ただ「うっ!」と小さくうめくことができるだけ。
本当に痛いときは七転八倒もできない。なるだけ動かないようにじっと丸くなるだけ。

この段階でやっと、これは普通の腹痛じゃないと気づく←遅すぎっ!(^_^;)
この痛さは絶対に異常!どうすればいい?私のお腹どうなってるの?誰か何とかして!
いっそのこと失神してくれればいいのに。私って意外としぶといんだな・・・・とボンヤリ思った。
少しも引かないどころか、容赦なく大きくなる一方の痛み。もう限界だと思った。頭が霞んでいった。
お願いだから、30秒、いや、15秒でもいいから無痛の時間をください。。。。。

05:00 目を開けたら朝だった。ちゃんとタオルケットを掛けて上を向いて寝ている。
あ、そういえば、看護師さんに座薬を入れてもらったような気がする。

お腹、もうあんまり痛くない。地獄から這い出てきたんだ。あの激痛から解放された・・・・・・やったぁ!!
そう思ったら涙が出てきた。うれしくて安心してちょっとだけ泣いた。。。。。。。。。。つづく



AUTHOR: Tsimsyatsui DATE: 09/06/2005 09:01:40 こんにちは。
ノアノアさんがおっしゃるように、本当に痛い時って、脂汗が出て、
声も出せずに、じーっとしてしまいますね。
そんな、経験が何度もあると大変ですね。本当に頑張ったと思います。
そのときに、お知り合いだったら、全快祝いが出来たのにね(笑

Return

* Category : 筋腫(Myoma)的日々
* Comment : (5) * Trackback : (0) |

* by ノアノア
★あゆりさん
あゆりさんも腸の病気をされているのでよくわかると思うのですが、胃の痛みと腸の痛みって違いますよね?
胃の痛みは何とか逃しようがあるけど、腸の痛みは逃す隙間がないって感じしませんか?
しいていえば、素材?の違いでしょうか。筋肉と粘膜の違いとでも言うか。。。

ブスコパンは、痛みを抑えるにはかなり有効だけど、私の場合にはある意味で
逆に作用してしまったようなのです。
腸管の動きを全て止めてしまったような形になったのがマズかったのかな?と。

失神はしなかった(できなかった)ようです。
看護師さんに座薬を入れてもらって2時間くらいウトウト眠ったみたいです。
あっ、座薬を入れたと同時に失神した!・・・・・・ってことはなさそうですね (^O^)

* by ノアノア
★2800さん
もっと早く異常に気づけばいいのに、私もかなりマヌケですよね (^_^;)
看護師さんが何回も見に来てくれているのに、ヘラヘラ作り笑いして
「何とか大丈夫です」なんて言ってたんですよ~。バカ丸出しです。。。
翌朝は、本当に天国でした。もうそろそろ退院できるかも・・・・・って思えるくらいハッピーでした (^^)v
↑その後、どうなるかも知らずにネ。。。


* by ノアノア
★+さん
毎日トリ・・・・じゃなくて、クマハダが立つような話しばかりですみません m(__)m
病院はやっぱり痛いところくまね。
のんびりアイス食べたりお菓子食べたりして、のん気にいられる場所じゃなかったくまよ。。。
病院の食事以外は禁止!って規則があったのに、それを破ったからバチが当たったくま (+_+)
こっそり食べたつもりだったのに、見事にバレてたくま。ツメが甘かったくま (^_^;)

* by ノアノア
★Tsimsyatsuiさん
連日痛い話しばかり書いてすみません m(__)m
脂汗がでるほどの痛みというのを、生まれて初めて体験しました。
痛さのあまり失神・・・・・っていうけど、人間はどの程度の痛さで失神するのか知りたいです。
全快祝い♪ん~、その頃からTsimsyatsuiさんとお知り合いだったら良かったなぁ!残念です!!


* by あゆり
あわわ。。。
す、すごく痛そうです・・・(涙
ブスコパン、効いたような効かないようなという感じだったのでしょうか(涙

何が原因で痛くなったのかは不明だったのですよねぇ。。。
うんうん、おなかを丸めても痛みが取れないってあります。。
下痢や便秘の痛いのとその辺が違う感じなのですよね。
まあ、下痢や便秘も丸めても痛みは取りきれないですが。

ホントに痛みで失神してしまったのでしょうか・・?(涙
看護師さんが助けに来てくれたのでしょうか。。。
次の日に痛みが取れてヨカッタです。

個別記事の管理2005-09-04 (Sun)
<2002年 8月>

術後の痛みは、思ったほど大変ではありませんでした。
「痛みは我慢しないように。早めに教えてね!」と看護師さんに言われていて、痛いときはわりとすぐ鎮痛剤が出てきました。
点滴からの鎮痛剤は手術したその日と次の日、導尿カテーテルが抜去されるまでだったような気がします←24時間ってことかな?
後は、座薬の鎮痛剤です。夜寝るときはやはり入れてもらわないと痛かったですね。

***ここまでは、人さまのHP(マニュアル)で事前学習したとおりのノーマルな痛さでした***

地獄の一丁目

導尿カテーテルが取れて初めてのおトイレタ~イム♪で、いきなりカッキーーーンと下腹部に激痛!
途中で止めることもできず、とにかく自然にまかせるまま、おしっ○を出し終わるまで身をよじりつつ
両手をお腹に当て、横の壁を爪で思いっきり引っかきたいような痛さをなんとかこらえました。
脳みそが震えて頭の中が真っ白です。そして、目にはじんわり涙が
お○っこして泣いたのは、もちろんこれが初めてです。

私なりに考えてみた結果、
排尿により膨らんでいた膀胱が縮まる→それが子宮の傷にダイレクトに響く(触る)
多分、こういうことじゃなかったのかな~と思います。
子宮と膀胱の位置関係がよくわからないので何ともいえませんが。。。

それにしても、手術後の初トイレで激痛なんて、マニュアルには書いてなかったよ~!!(>_<")

地獄の2丁目

術後の鎮痛剤使用の間隔が少し空きだした頃のこと。
右に寝返りを打つと、お腹の中でドッポ~~ンと何か熱い物が動きます。
これがまた何とも言えず痛いんですよ!
痛みが、右足の付け根から足の親指まで走って抜けるのです。放散痛っていうのかな??
手術で腫れた子宮が動く時の痛みかな?でも何かな?・・・・・ってことでエコー検査。
原因はどうやら術後の内出血だったようです。お腹の中にプヨプヨした血のかたまりがあったのです。
傷が大きかったから縫った後もじわじわ出血したんですね~。
ついでにそいつが癒着防止シートも剥がしてくれちゃったみたいです (ノ◇≦。) ビェーン!!
このプヨプヨのせいで、それから1ヶ月ちょっと右側を下にして寝ることができませんでした。
間違って右を下にすると、痛さで必ず目が覚めてました。

これも、想定外の痛み。。。(>_<")

地獄の3丁目

子宮の手術をしたらしばらく生理はこないだろうと、なぜかそう思っていたおバカな私。
ヤツは忘れずにサボらずにちゃんとやってきました。
ハッキリ言って術後に来る初めての生理は、今までとは違った痛さでやってきます。
上手く言葉では言えないけど、傷口に岩塩を力いっぱいすり込まれている感じ。
金属的な鋭角な痛みです。
頭の中にイナズマが飛びまくります。一瞬、意識も飛びます。
半ベソかきながら部長先生に訴えたら「そりゃぁねぇ、ズサーーーッて切って縫ったばかりの子宮がギュ~~~~~ッと収縮するんだから、そりゃ痛いよ!かなり痛いと思うよ~」と、擬態語たっぷりに言われてしまいました
このレベルだと飲み薬は無効ってことで、またもや座薬の鎮痛剤にお世話になりましたです (;´д`)トホホ

これもマニュアルには書いてなかったよ~!!ていうか、普通術後すぐには来ないのかも (・_・?)


マニュアル(人さまのHP)で学習した以外のことが起こると、途端にオロオロしてしまうダメダメな私でした。
でも、これはほんの序の口・まえがきだったのであります。。。。。。。。。。。。つづく



AUTHOR: Tsimsyatsui DATE: 09/05/2005 09:01:39 こんにちは。
ノアノアさんの記事を読んでいたら、なんだか、こっちも痛くなってきて
しまいました(笑 読みながら、うっうっと言いながら、顔をしかめて
しまいました(笑 でも、そんな痛みをずーっと我慢したなんて偉いですね。
影で彼氏さんの助けでもあったのでしょうか(笑

Return

* Category : 筋腫(Myoma)的日々
* Comment : (9) * Trackback : (0) |

* by ノアノア
☆あゆりさん
子宮と膀胱ってお隣同士か上下関係かよくわからないんだけど、縮んでいく膀胱につられて、
それまで押し上げられていた子宮がドーンと下ってきたっていう感じかな?
膀胱が直接子宮の傷に触れたわけじゃないかもしれないけど、
これも今まで経験したことがない種類の痛さでした。
でも1回だけだったから良かったぁ~!次のトイレが恐怖だったもん。
血のプヨプヨちゃんはね~、これは単に傷(=筋腫ね)が大きかったのが原因だと思います (^^ゞ
主治医の先生は「八つ裂きにした♪」って言ってたし、部長先生は「メッタ切りにした♪」って言ってたから・・・・・
って、ずいぶんひどいこと言われてるよね、私 (^_^;)
手術前はピル飲んじゃいけないから(血栓症の関係で)生理をずらすことはできないのです。
だから、思いっきり運が悪いと私のようになるのです!(^▽^;)


* by ノアノア
☆peridottoさん
子宮筋腫の手術は、核出より全摘の方が患者もお医者さんもラクだっていいますよね。
私の筋腫は巨大だったので、その後もいろいろあったわけです。
普通の大きさの筋腫(ってどのくらいかよくわからないけど)だったら、ほぼ何事もなく退院までもっていけると思います。
筋腫を育て過ぎたツケがこんな形で現れるとは・・・・・ (;´д`)トホホ

* by ノアノア
☆ひなたぼっこさん
ひなたぼっこさんの凄さと比べたら、私のなんてかわいいもんです (^^ゞ
私は、おへその下から恥骨の上までなので「さんまの小開き」ですね。
思い出してみると、術後の傷の痛みが一番ラクでした。
でもひなたぼっこさんのように傷が大きいと・・・・・・・想像するだけでやはり身がよじれます ((+_+))

* by ノアノア
☆+さん
痛い本人よりも、その時の様子を文字で読んでる方が痛いかもね (^O^)
別に大げさに書いたりはしていないくまよ!本当にあんな感じだったから
そのまま書いてるくまよ!←と、余計に怖がらせる悪いノアノア (^^ゞ
地獄の3丁目シリーズは、3年経ってやっと思い出として書けるようになったけど、
もう二度とあんな思いはしたくないくまね (+_+)
ところで、くまにもトリハダが立つくまか?くまにトリ・・・・・・いいコンビかも!(笑)


* by ノアノア
☆2800さん
どれもマニュアルには載っていなかったことなのでビビリましたが、
人間イザとなればどうにでもなるものです (^_^)v ←と、今だから言える(笑)
一番きつかったのは2丁目でしょうか。期間が長かったですからね。
部長先生は例のあのジョークがきつい人ですが、あぁいう風に説明してもらうと
痛い道理がよくわかって納得できるから不思議です。
でも、擬態語つき説明を聞いている時は、私の顔も歪みましたよ!(^O^)

* by ノアノア
☆Tsimsyatsuiさん
痛がらせてすみません ((^┰^))ゞ テヘヘ
手術の傷の痛みだけじゃなくて、いろいろな痛みを体験しちゃいました。
でも、トイレ地獄はあの時1回だけだったし、生理痛地獄も2日ほどでこの時はお薬も使ったので、特別に我慢した痛みというわけではないのですよ~。
こういう時にヘンに優しくされるとイライラしちゃうかわいくない私なのです (^_^;)

* by あゆり
はわわ。。
い、痛そうです。。
膨張している膀胱が縮むってことは、それに押されて縮んでいた子宮の傷が、
ぐわっとなるような感じでしょうか?
擦り傷の膝小僧を伸ばすような・・・(たとえが悪くてゴメンナサイ。。

血の塊がおなかに入っていたのですか~(涙
コレもつらいですね。。
筋腫が大きいとそういうこともあるってコトなのですか・・?(涙

生理も、、、そうですよね。。。
傷口を開いたり閉じたりしているような感じでしょうか。。。
こういうのは、ピルとかで調節してはまずいのですかね・・・?
うぅ。。痛そうです。。

* by peridotto
私の母は子宮筋腫になった子宮を全部取ったので術後の痛みはあまりなかったみたいでした。残しておくのがいいけどそんなにも痛いとは知らなかった~でもまだ続くんですよね?

* by ひなたぼっこ
お疲れ様でした^^
こちらまで痛みが伝わって、身がよじれましたよ;;
私は、首の付け根から恥骨の上迄、「サンマの開きです」胴が凡て切ってあって、心臓から人工血管が、腎臓の下まで這入っております・・・術後の痛みは、ご想像下さいませ^^;

個別記事の管理2005-08-20 (Sat)
<2002年 8月19日~20日>

よっぽど良く効く麻酔だったのか、私が麻酔に弱い体質なのか
この日はあれからほとんど眠りっぱなしでした。
だからほとんど何も覚えていないのです。
痛みさえあまり感じてないようでこれはとてもラッキーでした (^^)v

覚えていた断片的な記憶を少し書いてみたいと思います。

下半身に違和感。
看護師さんがベッドサイドにしゃがんで何かやり始めると感じる違和感。
『導尿カテーテル』でした。もちろんこれも初めての体験。きっと、麻酔の後に入れられたんだと思います。
痛くはないんだけど・・・・・・何だかとっても気持ち悪い (-_-;)
看護師さんがやっていたのは尿量チェックかな?多分ね。

出血チェックとカテーテル挿入部の消毒
婦人科の手術ですからね。考えてみたら出血チェックは当然ありますよね。。。。
T字帯の紐が傷に触らないようにちゃんと浮かし加減にして結んでくれていました。
そして消毒・・・・・うわぁ、恥ずかしい!でもありがとうございます m(__)m
こんなことまでしてくれるんだぁ~と、大変ありがたく思いました。

「鎮痛剤を点滴から入れますね~」
この声でまた少し意識が戻ります。
意識が戻ると途端に何とも言えない痛みが・・・・・・(>_<")
いちいち断らなくていいから早く鎮痛剤を~~!てな感じでした。
でも、声かけられなくてあのまま眠っていたら痛みを感じる機会がなかったということかも???

氷枕と冷たいお水でうがい♪
極寒地獄の後は、暑くて汗まみれ地獄でした。氷枕も何度もお取替え。
冷たいお水でうがいをさせてくれました。とーってもサッパリいい気分。
まだお水は飲めないけど、うがいだけで十分でした。

恐怖の横向き大作戦。
その日の夜からコレがあるとは聞いていましたが・・・・・。
怖いです。ハッキリ言ってかなり怖いです。
痛くて怖いというより、傷がパカッと開いて中身がドドドーッとこぼれ出てくるんじゃないか。。。。。
という恐怖 (^_^;)

「まだいいです」とか何とか答えたような気がしますが、気がついたら背中とベッド柵の間に枕を当てられて、
軽~く横向きにされていました ; ̄ロ ̄)!!
中身は、もちろんこぼれていませんでした(笑)

これくらいかな?覚えているのは。
全身麻酔でも、部屋に戻ってきてしばらくすると付き添いの家族の人とあれこれおしゃべりし始める人もいたのに、私はとにかく眠りっぱなしでした←次の日の夕方まで!
後から聞いた話しですが、私が寝息も立てずあまりにも静かなので、「ひょっとして死んでるんじゃないか?」と、同じ部屋の人が何度かカーテンを開けて生存確認をしていたらしいです(爆)



AUTHOR: + DATE: 08/20/2005 14:26:42 こんにちは。
大きな手術だったんですね。。
無事に終わってよかったくま。
真剣なお話なのに、お母様が面白くてちょっと笑っちゃったくま(笑)
僕は、記憶のある時に入院した事ないくま。。
記憶の曖昧な子供の頃、一度入院した事があるらしく。
ベッドで寝ていた僕は寝相悪くて、下で寝てた母親の上にドスッっと落ちてゲフッたらしいくま(笑)
病院は色んなことがおきますくまね。。

Return

* Category : 筋腫(Myoma)的日々
* Comment : (10) * Trackback : (0) |

* by ノアノア
♪あゆりさん
筋腫なんてすっごぉ~くポピュラーな病気ですよね。
‘病気’の範疇には入らないくらいメジャーな現象かもしれません。
現代はストレス社会だから、20代とか若い女性でも筋腫の人はたくさんいるらしいし。
でもやっぱり体質ってあるような気がします。
できやすい人、育ちやすい人・・・・・・その両方にヒットしたのが私!
宝くじには当たらなくても、こういうのには見事当たっちゃうのです (^▽^;)
筋腫は予防法がないので、見込まれたら観念するしかなさそうです。。。。
中身がこぼれ出ることは99%ないと思うけど、傷が離開したという話しは
ある人のHPで読んだことがありますよ~。
上の方がちょっとだけ離開してるのを、シャワー中に発見したんだと!!
こ、これは・・・・・・怖いぞ (+_+) ←あ~、また脅かしちゃったね~。堪忍どすえぇ (^O^)

* by ノアノア
♪花ちゃん
一応、切腹ですからね。それなりに痛かったよ~ (>_<")
でも、予想していたのよりちょっとラクだったかな?
手術後も硬膜外麻酔のチューブが背中に入っていて、
そこから薬がチョロチョロ入っていくようになってたからネ。
筋腫4個ですか~。花ちゃんも育てているのね(笑・・・・・・・ごとじゃないよね)
筋腫があっても手術までする人はそれほど多くないと思うよ~。
筋腫は予防法も何もないから厄介よね。生理がある限り小さくなることはないらしいし。
オンナっていろいろ大変だよね。。。。。┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~

* by ノアノア
♪Tsimsyatsuiさん
産婦人科のカーテンについては、あった方がいい派とない方がいい派にハッキリ分かれるようです。
私としては、あった方がいいかな~。何されてるかわかった方が余計怖いような気がしますから (^^ゞ
ねっ、Tsimsyatsuiさんもやはりそう思いますよね!縫ったところが裂けるかも・・・・って。
手や足ならともかく、お腹は柔らかいからちょっとの刺激でピーッと裂けそう!(>_<")
筋腫の手術そのものは簡単な手術だと思うのですが、やはりお腹を切られるのはもう二度とイヤですね (-_-;)
でもこんな悲惨な状況を作ったのはあくまでも自分。。。。。
こうなる前にもっと早く病院に行けよ!って感じですね (^▽^;)

* by あゆり
> もしかしたら、私はこの家の本当の子ではないのかもしれません (^_^;)
ぬぁっっ
そ、そんなことはないですよっ(汗
家系的なものと、両方ですよ~。。。。
あぁ・・・筋腫の手術ってそんなに大変なものなのですね。。先が怖いです(涙

> あ、でもたまには何かの間違いで中身がドボドボと出tfjヴbぽん(爆)
いやほら、いじめヨクナイッ(笑
ぬぁぁぁぁ。。。出ないっていっているのに出るっていったらひぃぃ(笑

> 「筋腫(Myoma)的日々」とか「院内囚われの日々」とか
読んでみましたですっ
ちょっと時間が無くて駆け足だったのですが、また後日読ませて頂きますねっ♪
現在はもう婦人科の筋腫とかの方は問題はなさそうですか?

* by 花ちゃん
痛そう~!病院って聞いただけで怖いわ。
私も人ごとじゃないのよ。
筋腫4個お腹に溜めてるの。(≧m≦)

不具合は、生理痛だけなので先生から「大きくなったら考えましょう」
て言われてるけど・・・・

いやだー怖いー!

* by Tsimsyatsui
こんにちは。
カーテンの向こうで何をされているか分らないのは、歯医者に行って
何をされているのか分らないのと同じくらいの恐怖がありそうです。(笑
確かに、私もそんな状況になったら、縫ったところが、裂けて大変なこと
になるかもっていう恐怖と戦っていそうです。
本当に、こんな大手術をこなしてしまったノアノアさんに尊敬のまなざしです。

* by ノアノア
♪あゆりさん
子宮筋腫は家系的な体質も関係あるらしいのですが、私の場合は、
親戚の女性の中で(総勢7名)私一人だけなんですよ~(涙)
もしかしたら、私はこの家の本当の子ではないのかもしれません (^_^;)
子宮筋腫に限らずでしょうが、手術前より手術後が辛いのはたしかです。
特に筋腫の場合、手術室に入る寸前までは‘限りなく健康体に近い状態’なわけですからね。
それが約2時間後には、すっかり弱ってベッドに戻ってくるのですよ~(笑)
横向きは癒着防止のためらしいです。必ずやらされますよ。断っても横向きにされます!
でも、中身は出てきませんので安心してください。
あ、でもたまには何かの間違いで中身がドボドボと出tfjヴbぽん(爆)

あゆりさんも、もしよかったら「筋腫(Myoma)的日々」とか「院内囚われの日々」とか
読んでみてくださいね~♪

* by ノアノア
♪2800さん
あ~、アルコールに強い人は麻酔が効きにくいってよく言われていますよね。
でも本当のところどうなんでしょうね。何を基準にして麻酔の量を決めるのでしょうね?入院の時に体重を測ったから、ひょっとしたら体重も関係あるのかもしれません。
ってことは、麻酔がよく効いた(と思われる)私は、体重に比例して麻酔の量が多かったということ・・・・・・・かな?(汗)
生存確認は部屋のみんな(当時は私を除いて3人)で交代でやっていたらしいです。
看護師さんにも聞いたらしいです「ちゃんと呼吸してますか?」って(爆)


* by ノアノア
♪+さん
こんばんは!
筋腫の手術はね、大きな手術じゃないと思うくまよ。
子宮にできたコブを切り取るだけだから、盲腸と同じくらいじゃないかな?
腫瘍といっても良性だし、だから私も母も意外とのん気な気分でその日を迎えたわけです(笑)
小さな子供の入院・手術は、傍で見ている大人が辛いよね。
出来る事なら代わってあげたいっていう親の気持ち、十分理解できるくま~。
+さんのご両親もそんな思いをしたくまよね!感謝しなくちゃくま!
そんな+さんもすっかり元気になって今では立派な誤字脱字王♪
それでは、思う存分修行をしていただきましょうね。
まず手始めに、滝にでも打たれてきてください!(爆)

* by あゆり
あ、こちらを楽しみに取っておくべく(笑
前の記事を先に読んだため、大腸ポリープかと思って変なコメントを書いてしまいました。

子宮筋腫の手術だったのですか~・・・。。。
腸も調子が良くないと聞いていたので早とちりです(汗
うちの母も、祖母も、子宮筋腫で子宮をとっていますです。
ってことは私も・・・?と思いながら日々暮らしておりマスです。。
手術直後よりも手術後がかなり大変なのですねぇ(涙
横向きって、どうしてもやらないといけないものなのですか・・?
ホント、ノアノアさんのおっしゃるとおり、傷口からどばーってなりそうで怖いですよ~・・

個別記事の管理2005-08-19 (Fri)
<2002年 8月19日 大安>

この日は朝から雨がザーザーと・・・・って、台風でした
人が生まれて初めてお腹を切るという日なのに台風!
せっかくお日柄もよろしいハズの大安の日を選んだのにねぇ (-_-;)
なんとなくイヤ~な予感がしましたが。。。。。。。
その予感はいずれ当たったのでした(笑えない)

朝6時起床。
洗面の時、お水を一口飲んじゃいました。
本当は前の晩9時から飲水禁止だったんですけどね (^^ゞ
昨晩に引き続き今日も早朝から‘腸のお掃除’←もう何も出ませんってば~!(泣)

8時半頃診察。
主治医の先生に「おはよう!」とさわやかな声を掛けられたと思ったら、
お腹のカーテンが勢いよくガバーーッと開いて、こちらはドーーッキリ \(◎o◎)/!
でもよく考えたらそうだよね。
お腹のカーテン開けなかったら、下半身に挨拶しているようなものだもんね(笑)
「昨晩は眠れなかったんだって?でももうすぐグッスリ眠れるからね~」とこれまた明るく言われてしまいました。
お腹を上から押さえてデカ筋腫の確認。
やっと終わったと思ったら、またカーテンが開いてまたドッキリ!今度は部長先生の診察。
「ボクも手術に入りますから診せてもらいますね~」・・・・・・・・・この先生の診察、痛かったです (>_<")
診察台から降りて身支度?をしていたら部長先生の声が・・・・「あの筋腫、大きいね!かなり大きいよね!
よくあそこまで育てたよね!」
はい。私が丹精込めて手塩にかけて育てましたから!!(-_-#)

10時半頃母親到着。
台風でスカートも靴もびしょ濡れ。こんな天気の中来てくれてありがとうございます m(__)m
やっぱり親ってありがたいよね。。。。と思っていたら「台風で行けないから勝手に手術始めてくださいって電話しようかと思ったわよ・・・」だって!さすが我が母親!!

13時頃手術室に入って、部屋に戻って来たのは15時半頃(だそうです)
手術室で一度目を覚ませてから部屋に戻ると聞いていたのに、私には目を覚ました記憶がありません。
よく眠っていたから省かれたのでしょうか?
意識が薄っすらと戻って最初に思ったことは、寒い!とにかく猛烈に寒い!
骨の髄まで冷え切っているような強烈な寒さでした。

夏の一番暑い時期に電気毛布してガタガタ震えてるなんて、きっと最初で最後の体験だったと思います。
看護師さんが頻繁に血圧とか体温とか計りに来るのがイヤでした。
その度に布団から腕が出て寒いのなんのって ((+_+))ブルブル

18時頃母親帰宅(したらしい)
病室に戻ってきてからも何かが狂ったように昏々と眠り続ける私。。。。
でも、突然目の前に明るい光が2-3度炸裂!
(ほぇえ~?なぁ~にぃ~?)と思って激重のまぶたを薄~く開けると、そこには
デジカメでグッタリしている私を撮っている母の姿が!「母よ!あなたはパパラッチか!?」
麻酔で完全にボケきった意識の中でそう叫んで、また再び深い眠りに
落ちていった私なのでありました o( _ _ )o...zzzzzZZ



AUTHOR: ぷりんちゃん DATE: 08/20/2005 10:44:05 うちの母は、1997年8月19日心筋梗塞で倒れました。
運良く、いとこが心臓外科ですぐ兄が電話連絡して連れて行き助かりました。
ICUで目が醒めた母は起き上がり、
帰らないと!
と言ったそうで看護士が駆けつけて、その後ベッドに縛り付けられたそうです。
駆けつけた次兄に事情説明。
兄はいとこにも迷惑掛かるでしょと縛っておいて下さいと帰ったそうです。
母は
だって目が覚めたらなんとも無かったから、早く帰らないといけないと思ったそうです。
病院て色々話しがありますよね~~

Return

* Category : 筋腫(Myoma)的日々
* Comment : (9) * Trackback : (0) |

* by ノアノア
☆peridottoさん
peridottoさんも手術経験者なのですね。。。
10歳だともちろん周りの状況もよくわかるし、恐怖心もしっかりありますよね。
手術室の無機質な雰囲気とか、異常なものだらけですからね。
子供の手術は本人にとっても親にとっても辛い出来事だったかと思います。
やはり大人になっても覚えていますよね。忘れられないですよね。。。
私もこの先ずーっと覚えていそうです。ボケてもこれだけは記憶に残りそうです(笑)

* by ノアノア
☆Tsimsyatsuiさん
こんばんは。
もう半端じゃなく筋腫がデカくなってしまって、素人考えでも
(これは手術しかないっしょ!)という状態だったので、落ち着いていられたんだと思います。
でも、入院するまでに検査とかいろいろあって何回も通院したのですが、
その度に血圧が150-160くらいまで上がっていました。
覚悟は決めていても、やはり手術は怖かったようです←人ごとっぽいですね (^_^;)
>お腹を切られるくらいなら死んだほうがって思っていますけど・・・・
私だったら、胃カメラ飲むくらいだったら死んだ方がマシって思うかも(笑)
デジカメ母ですが、予測がつかないことをやらかすので怖いです。
でもあの写真、今となってはいい記念です (^^)v

* by peridotto
10歳の時に手術をしたことがあるんですが、しっかり記憶に残ってます。
何年なってもこうゆう記憶は残るものなのかもしれませんね、

* by Tsimsyatsui
こんにちは。
ノアノアさんって偉いな。そんな状況でも落ち着いていられるなんて、
私だったら、もう、ドキドキでいてもたってもいられないかもしれません。
私は、まだ一度も手術を経験していませんが、お腹を切られるくらいなら
死んだほうがって思っていますけど、実際、そうなったら、覚悟を決める
のでしょうね。でも、お母さん、デジカメで娘さんを撮影するなんて、
ナイスなお母さんですね。気にいりました(笑

* by ノアノア
☆あゆりさん
そうそう、巨大筋腫の手術だったんですよ~。
腹腔鏡という方法もあるけど、あそこまで大きいと選択の余地ナシ!開腹オンリーです。
しかも横切り・縦切りの選択余地もなくて、縦切りオンリーです (^▽^;)
部長先生はね、かな~り言いたい放題?言う方でした。
でも、あの先生目当ての患者さんも多くて信頼されている先生でした。
ズケズケ言われても憎めないタイプの人ですね。人徳・・・・・・・かな?
手術の後は、壮絶な極寒地獄が待っています←脅してどーする!(^O^)
外側からじわじわ寒くなっていく寒さじゃなくて、体の芯から丁寧にた~っぷり冷やされたって感じです。
手術中は体温が下るのかな?ていうか、下げるのかな?低い方が出血とか少なくて済みそうだよね。

* by ノアノア
☆あかんべいさん
生まれて初めての手術だったので、今でもけっこう覚えていますね。
>今はこういうブログで当事者の方々の生の声を聞くことができるのはいいことですね
入院前、私もいろいろな人のHPを見せて頂きました。片っ端から読みあさりましたよ。
筋腫のことについても入院生活のことについてもかなりの情報を仕入れることができて本当に助かりました。
その代わり『マニュアル』にないことが起こると途端にうろたえましたが(笑)
もし、お時間がありましたら当ブログの「筋腫(Myoma)的日々」「院内囚われの日々」などご覧くださいませ♪
いろいろ生々しいことが盛りだくさんですよ~ (^O^)


* by ノアノア
☆2800さん
もう3年も経つのにけっこう覚えているものですね。頭は悪いハズなのに(笑)
入院中に日記みたいなのつける人っているでしょ?でも私はそれはしたくなかったんですよね。
できることなら忘れちゃった方がいいかな・・・・・・と思ったんだけど、意に反して意外と覚えてる!(^_^;)
ガンとか難しい病気じゃないからヘラヘラあっけらか~んとしていられたんだと思います。
それにしてもデジカメで手術直後の娘を撮る母って・・・・多分、あの人だけだったかと思います (^▽^;)

* by ノアノア
☆ぷりんちゃん
心筋梗塞とか脳梗塞って突然来る場合があるから怖いですよね。
お母様って、いま同居されているお母様ですよね?
今はとてもお元気そうで良かったです。。。
目が覚めて本人が苦しがったり痛がったりしていたら見ているこちらも辛くなりますね。
でも「帰らないと!」と言われるとちょっと拍子抜けするかも?(笑)
ご親戚にその道のプロの方がおられて大助かりでしたね。
同じドクターでも科が違うと・・・・・・・・どうなんでしょう?(^_^;)
8月19日は、ぷりんちゃん母娘にとっても忘れられない日なんですね。。。

* by あゆり
お母様、申し訳ないですが笑ってしまいました(汗
筋腫の手術だったのですか~・・・
初期ですと大腸ファイバーで取ってしまうことができると言いますよね。
大きいと言うことは・・・手術が必要だったということですよね(涙

むはー・・・あそこまで育てたとか、、、言いたい放題(汗
育てたくて育てる人はいないってっっ
と思いつつも緊張をほぐす感じでしょうか?ちょっと和むかもですっ

手術の後は、寒かったのですか~・・・。
体温が下がっているのでしょうねぇ(涙
でもでも、成功したようで何よりデスッ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。