12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2007-09-03 (Mon)
かなり久々に入院ネタです (^_^;)

ひょう疽指の消毒をしていて思い出したんだけど、開腹手術後の消毒ってなかったなぁ~と。。。

お腹には、おへそのすぐ下から恥骨のところまでテープというかシールみたいなのがベターっと
貼られてました。

傷に当たる部分だけがガーゼになっていて、周囲の四角は透明なやつ。

入院前にネットでいろいろ下調べをした時には、ほぼみんな術後の消毒があったのよね。

それで、私は忘れられているんじゃないかと思って、ある日看護師さんに聞いてみたのです。

そしたら「毎日消毒のために傷を空気中にさらすのは感染の機会が増えてかえって危険なので
手術室の無菌状態の中でシール貼ってそれでおしまいよ」とのことでした。

まぁ、よく考えてみたら・・・・・・そうだよね~。

ということで納得!忘れられてなくて安心しました (*^^)v

しか~し、季節は夏。真夏です!←8月でした

抜鈎(抜糸)までお風呂に入れないし、透明シールの部分がカユカユになる人がいました。

私は、面の皮とちがって腹の皮は厚かったようで何ともならなかったので、カユカユになった人から
羨ましがられました(笑)


***** 余談でございます *****

私がいた病棟は、産婦人科以外の患者さん(もちろん女性)も入っていました。
消毒一つとっても産婦人科と他科とではやり方が違うらしく、ある日外科の患者さんの消毒に付いていた看護師さんがドクターにピンセットで何かを渡したら、それが違っていたらしく、そのドクターに無言で床に落とされ(それも何回も)それを見ていた患者さん共々びびったことがあると話してくれたことがあります。
お~~~、怖っ!{{{{(+ω+)}}}}


AUTHOR: Tweety DATE: 09/04/2007 01:20:47 わああ、怖い。このお医者さん、お宅でもそうなんでしょうか。
違うブランドのビールを渡すと、床に落とすとか。。。 恐ろしい。。。。

Return

スポンサーサイト
* Category : 院内囚われの日々
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2006-09-05 (Tue)
日中の最高気温が35℃近くまで上がった今日、9月5日は
腸閉塞(術後イレウス)記念日でした。

あの人生最大の悪夢の夜から一夜明け・・・・・。

私を待っていた腸閉塞の治療は、絶食(飲水のみ可)・24時間連続点滴・そして腸の減圧目的のためか時々浣腸 。。゛(ノ><)ノ ヒィィ
 
腸閉塞=腸の動きがほとんどストップ=排便・排ガスの停止=お腹が
膨れる ということで、私のお腹は胸のすぐ下辺りからポッコリ (^_^;)

毎朝レントゲンを撮るのが朝イチの日課で、その結果を少しでも良いものにしたいと、
深夜のトイレで排ガス作業にいそしむのが一日の〆でした(泣)

腸が動いてない状態でガスを出すのは至難の業です!
お腹をさすったり体の向きを変えたり、特大の便秘を解消するときみたいに力いっぱいいきんでみたり・・・・・。
深夜のトイレで大汗かきながらガス抜きに専念する女が一人。
それでも結局1ccも1gも出ないおにゃら・・・・・・・情けないです (T_T)

そんな努力もむなしく、状態は悪くなる一方。
お腹の膨らみは増し、小腸ガスが溜まり始めて抗生剤の点滴が追加され、軽く笑っただけでも腸に痛みを
感じるようになり (>_<")

ドクターに「救急車で運び込まれるレベルの腹痛なんだけど・・・・・」と言われても、あの夜の腸を引き裂かれる
ような痛みに比べたらこんなの屁のカッパ♪楽勝さ (^_^)v
レントゲンの状態と実際の私の表情が合致しない患者ということで、外部から来る当直の先生の間でも
有名になってしまいました (^_^)v

予期せぬ合併症になり、それが悪くなる一方で先の見えない入院生活は精神的にかなり堪えます。

そんなある日、廊下から聞こえてきたお見舞いの人のハイヒールの音と軽やかで涼しそうな話し声。。。
ほんの些細なことなんだけど、何かがプツンとキレました。泣きそうになりました。

ちょっと前までは、私だってまったく普通の人で、パンプスはいてワンピース着てもちろんお化粧だって
してたのに。。。
でも今は、パジャマ着てどこに行くにも点滴スタンドと一緒で、毎晩おにゃらと格闘して時々浣腸なんかされてる情けない境遇 (。>0<。)ビェェーン

急に病室にいたくなくなって、放浪の旅に出ました ←もちろん院内ですけど (^o^)

2-3時間放浪していたでしょうか。
なんとか気持ちも落ち着いて病棟に戻る決心をして。。。
病棟に戻ってすぐ、ナースステーションで張り込みをしていた主治医に捕まり「ちょっとおいで」と診察室に
呼ばれました。

「長い時間、どこに行ってたのぉ?」と、ここまでは良かったのですが。

「君さ、おにゃら出てる?出てないでしょ?出てないよね!おにゃら、ブブブブブブゥーって
出てないでしょ!」


(゜Д゜) ハア? (゜Д゜) ハアア?? (゜Д゜) ハアアア???

あまりの衝撃に身をよじって(お腹痛いのに)笑い転げる私 (o_ _)ノ彡☆ギャハハハハ!

そんなのちっとも気にせず「おにゃらが、おにゃらが・・・・・」といい続ける主治医。

パンプスで崖から転落した気分になり、主治医の言葉で奈落の底まで落ちた私 (*゜~゜*)ウッ

でも、これで強くなれました!?
病人なんて所詮こんなもの。
女性とか人間とかじゃなくて、ホモサピエンス ヒト科のメスの生物。
思いっきり笑ったら、気分がスカッとして割りきった気分になれて、また今日から排ガス作業を頑張ろう!と
思えるようになった、わけわかんねぇどこまでも脳天気な私でございました ≧(´▽`)≦アハハ!



AUTHOR: 千秋 DATE: 09/06/2006 00:18:17 病気はね・・・してみないと、その人の気持ちにはなれないのよ。
って、理解するって事ができないのが病気なんだけど・・・。
最初の入院&手術の時、退院が早くなって亭主に電話したら、
「面倒みれないから帰ってこなくていい」、そう言われました。
その晩ナースステーションで泣き明かしたっけ・・・。
ほんと何気ない事がが・・・病人には痛いのよ・・・。
その分わたしも強くなったけど。(笑)
いま笑ってこうしてるんだから、苦いけど良い経験だと思いましょう・・・ねっ!

Return

* Category : 院内囚われの日々
* Comment : (11) * Trackback : (0) |

* by ノアノア
●作太郎さん
干ばつで困っている地域では重宝されること間違いなし!☆^∇゜) ニパッ!!

* by 作太郎
確かに天気は・・・・


大雨でした(涙)

似合わないコメントをするのはもうやめます(笑)

* by ノアノア
●ぷーたろーさん
本人はそんなに大変だと思ってないんですよね。
レアな経験をしたな~って程度 ←鈍いのか?(^_^;)
腸閉塞は再発するらしいので、それがちょっと気がかりかもしれません。
>俺はごぼう食べると歩きながら・・・・・
だから「ぷーたろー」さん??おっと、失礼!(^^ゞ

* by ノアノア
●作太郎さん
医療行為はアングラな要素が多いですからね。
イヤでも強くなります!←どういう強さなんだ?(^_^;)
ホントだ。今日は珍しくマジレス。だから今日の天気は・・・・・以下省略  ̄m ̄ フフ

* by ノアノア
●Tsさん
メインの筋腫については、入院前にかなり調べ込んだので予備知識はかなりありましたが、
腸閉塞は想定外だったので、思いっきりうろたえました (^▽^;)
浣腸は看護師さんがしてくれますが、治療のためとはいえ、やっぱり恥ずかしいですね~ (-_-;)
お腹に響かない笑い方を習得しましたよ。
ノドだけで笑うから、すごく軽薄で感じの悪い笑い方ですけど(笑)
>いろいろ、がんばっていけそうですね。
とんでもない!一生分の頑張りを使い果たしたので、あとはダラダラと惰性でいくだけです (☆゜∇゜)☆ニャハハ

* by ノアノア
●nmzkさん
あの手の苦しみは(他のもだけど 笑)経験しないに越したことはありません。
でも、人間落ちるところまで落ちるとヘンな度胸がつくんですよね。
良い悪いは別にして (^▽^;)

* by ノアノア
●夕香さん
大人になっておにゃらと格闘することになろうとは、夢にも思っていませんでした (^_^;)
病人の神経は本当に繊細。
身近にいる人に当り散らすことで気持ちのバランスを取っているのかもしれません。
でも、当たられる方はたまらないですよね~。
>ノアノアさんが若い女性だからわざとからっているんだわね
違いますよ~!いい年したおばちゃんだから何言っても平気だって思われたんですよ(泣)

* by ぷーたろー
えらく大変な経験してたんですね・・・
今はいいのかな?
俺はごぼう食べると歩きながら「へ」が出て困ります・・・

* by 作太郎
今日は珍しくマジレスです。
病気を乗り越えて強くなったノアノアさん
ステキですよ♪

* by Ts
こんにちは。
腸閉塞、治すには勇気と努力と精神力と痛みに耐える力が必要なんですね。
私なら、途中で挫折しそうです。
子供のとき以来、浣腸はしてないのですが、大人になると自分でしないと
いけないのでしょうか。。。普通におなかにガスが溜まっただけでもおなかが
いたくなりますものね。あれの何百倍も痛いかと思うと、いたたまれません。
それに笑えないのは辛いですよね。ただでさえ、入院生活って暗くなるのに
笑が絶えてしまうなんて。。。 こんなのに耐えたのあのあさんを恋人にしたら
いろいろ、がんばっていけそうですね。
今は、パンプスはいてワンピース着てもちろんお化粧もばりばりですか?(笑


個別記事の管理2006-04-12 (Wed)
暇・ヒマ・ひま~な入院生活で一番の楽しみは、そりゃ~やっぱり
食事です。
公立病院だったのでタカが知れてますが、それでもそれなりに
楽しみだったりしたわけです (*^_^*)
ベッドのそばで食べるのはイヤだもんね~ってことで、食事は面会室に運んでもらってそこで食べるようにしていました。

私が入院した最初の頃は産科の人もすごく多くて、出産ラッシュ状態!
助産師さんから「赤ちゃんが泣いてるから、5分で食べ終わって授乳に来て下さい」なんて言われてるのを聞いて「産科の人は産んだ後が大変だね・・・」と、婦人科組は囁きあっていたのでした。

とある日の夕食。
いつものように自分のお箸やらスプーンやらフォークやらのお楽しみ道具一式を携えて面会室に行ってみると、そこには黒塗りの器の膳がダーッと並んでいて、それはそれは厳かな雰囲気をかもし出していました。
これが、あの 祝い膳 ってやつですね。
赤ちゃんを産んだ人だけに出される食事です ←入院中一回だけ

黒光りする器たちに圧倒されて、しばし立ち尽くす婦人科のおばちゃん軍団。
祝い膳の権利を獲得した方々は、口々に「すご~い!うれしい!豪華だわ~♪」を連発して、デジカメを取りに病室に戻る人もいました。
そこに居合わせた彼女らの家族の人たちも代わる代わる覗き込んだりして。。。

その華やかな宝塚の舞台のような食事のすぐそばで、場末の大衆食堂のまかない食をボソボソ食べている
婦人科組の私達。。。

まさに

大富豪・大貧民

そのものです。

後にも先にも祝い膳の大量発生はこの時だけだったのですが、この件でそれとなく凹んだ私達は、
産科の人が少ないときだけ面会室で食べるようになりましたとさ (_ _。)・・・シュン

でもね、もう一つ羨ましかったことがあるのですよ。
それは おやつ
これも産後の人が対象なんだけど、毎日10時と3時におやつが出るのです。
パンケーキと牛乳とか簡単なものなんだけど、それでもやはり出るのと出ないのとではねぇぇぇ (-_-;)

「おやつの時間です。お産後の方は面会室まで取りに来てください♪」という放送を1日に2回
聞かされるわけですよ (;´д`)トホホ
その放送が流れるたびに同室だった人が「一人分くらい取ってきても分からないよね?取ってきちゃおうか!」と言っていました ←もちろん冗談だよ~(笑)

なんと言っても、産科の方たちは社会に大貢献をした方々ですから、扱いが違って当然なのですが・・・・・
『食べ物の恨みはこわい』たとえ病院でもこれはバッチリ当てはまりますね {{{{(+ω+)}}}}オ~コワッ!



AUTHOR: メリー(@・×・@) DATE: 04/13/2006 00:02:51 こんばんわ。
なんだか、ものすご~く納得してしまいました。
うんうんと相槌をうちながら読んでしまいました。
そんな格差が発生しているのですね。。知りませんでした~。
でも、あんなに痛い思いをするわけですし、(未経験ですが)、当然かも?

Return

* Category : 院内囚われの日々
* Comment : (7) * Trackback : (0) |

* by ノアノア
●ひなたぼっこさん
隣の芝生は青い・・・・って、本当に青かったです(笑)
黒塗りピカピカが目に刺さりました (^o^)
食べ物の恨みは・・・・・・てなこと言ってられるのは、余裕がある証拠ですね。
本当に具合が悪い時は、それどころじゃないですからね。
でも、でも、やっぱり、産婦人科は産科(妊婦さん)が主役なんだなぁとしみじみ。
ま、当たり前のことですけどね (^_^;)


* by ひなたぼっこ
何処も同じですね~^^
黒塗のお膳に豪華な食事・・・特別に配膳されて此方は横目で
チラチラと眺めて塩分カットの慎ましやかな食事を。
食べ物の恨みは怖いぞー
賑やかで楽しそうな入院生活で良かったですね。

私も何時も恵まれている楽しい病室でした。

* by ノアノア
●夕香さん
本来ならば、産科・婦人科と分けるべきなのでしょうが、女性を診る科ということで一括りにされているのが
産婦人科ですよね。
産科と婦人科の患者を同室にする病院もあるらしいですが、私が入院した病棟は、フロアは同じでしたが
病室は分かれていました。
それだけでも、よく考えられているなぁと思いましたよ。
産科と違って、婦人科に入院している人は明らかに‘病気’の人なんですよね。
産科は健康というか、フツーの人。だから、食事が違っても当然なんでしょうけど。
私立や個人病院は、夕香さんがおっしゃるようにフランス料理が当たり前に出てくるわけですから、祝い膳で嫉妬している私はダメダメですね (^^ゞ
特に個人病院の場合、料理がおいしいかどうかは妊婦さんが病院選びをする際の重要なポイントらしいです。
もちろん第一は、お医者さんの技量ですけどね。。。

* by ノアノア
●Tsimsyatsuiさん
Tsimsyatsuiさんのお見舞いもすごぉく魅力的ですが、もう何があっても、ぜーーーったいに
入院するつもりはありません!←キッパリ
祝い膳のことはさておき、あの病院は‘食事がおいしい病院’のかなり上位にランクされていました。
それでも、緑のたぬきが無性に食べたかった私 (^^ゞ
私にとっては、インスタントが娑婆の味だったんですね(笑)


* by 夕香
こんにちは。ノアノアさん、うんうん、って頷いてるワタシですがね。
そんな病院の事気にする事ないわ。(それは際立たせてアンタもはよう生んで、もう一度病院に入院してくれってことかもよ)
でもひどいよね。
ワタシなんかもともとひねくれやだからきっとノアノアさんよりひどいかもね。
二度とそんな病院はいかないし、お友達にも勿論すすめないし・・・。
で、ワタシの時代(そういったらちょっと年齢が・・・)なんかおやつもでなかったし、でもそんな事どうでもいいけど。
みんなお客なんだから病院も少し考慮すれば、あ、この病院は暖かいって感じるのにね。
病院の冷たさが患者さんをよけい緊張させたり、硬直させているんだわ。
患者さんがそうでなくても少ないって言う時代に・・・このごろはフランス料理が当たり前らしいっていうけど。フランス料理につられて生むひともいるのかしら~?


* by Tsimsyatsui
こんにちは。
もう、そんなことはあってほしくないのですが、万が一にも、ノアノアさんが
入院されることがあったら、毎日、おやつを持参して、お見舞いに行きますね。
そして、たまに、豪華弁当を持っていって、祝い膳にしてあげたいです。
この夢は叶わないほうが良いですね♪

* by ノアノア
●Tweetyさん
_(*_ _)ノ彡☆ギャハハハ!!バンバン!!>最後の晩餐
宝塚の舞台の麓で爆死したようなもんですね (笑)

個別記事の管理2006-04-07 (Fri)
<手術後(抜鈎後)のお話>

自分のお腹の傷を見たのは、術後10日目ぐらいだったと思います。
シャワーの許可が出たときにめでたくご対面です。

傷はおへその少し下から恥骨のほんのちょっと上まで、14cmくらいかな?
ホチキスで留めてあったので、傷のの両側に穴がダーッと並んで
いました。
数えたら18個くらいあったかな?ちょっとキモっ (^_^;)

その頃は‘普通の傷’だったのですが、日が経つにつれて赤味が出てきて盛り上がってきちゃいました。
看護師さんに見てもらったら、やはりケロイドだって!w(☆o◎)wガーン

ということで、処方されたのが『フルベアンテープ』です。
「外科のドクターに教えてもらったのよ♪」と言って、看護師さんが貼り方を教えてくれました。
傷の幅(7-8mm)に合わせて切る→傷が長いから2枚に分割して貼る のです。

これを3ヶ月弱続けたかな~?そろそろそれ以上の改善が見られなくなってきた頃、貼るのを止めました。

強めのステロイド剤だったからね。ムダに長く貼り続けるのもどうかなぁと思って。。。

盛り上がりはなくなったけど、色はまだ元気 (-_-;)

それで、次に使ったのが『ローズヒップオイル』
その頃ちょうど美白関連で話題になっていた商品です。
顔の美白に良いのなら、傷の美白にも効くだろう・・・・・と、単純な発想です(笑)

でも、これが意外と効果があったのですよ♪
これも2-3ヶ月使いましたが、かなり色が抜けました (^_^)v

3年半経った今でも色素は健在ですが、おへその近くはほとんどわからなくなりました。
脱色スピードが遅いのは、まぁ、若い人の皮膚じゃないからしょうがないよね~。
それでも、少ぉ~しずつ抜けていってるわけだから上出来だと思っています。
 
これから切腹の予定がある方、ローズヒップオイルはお勧めです!(^O^)



毒吐きコーナー

入院友達(主治医は私と同じ)も、フルベアンテープを貼ってたんだけど、主治医に「それ、そのまま一枚ペローンと貼っていいからね~」と言われていたらしい。
私が看護師さんから教えてもらった貼り方を言ったらビックリしていました。
あのさ~、もうちょっと何ていうか・・・・・・人のお腹だからどうでもいいや!って思ったんだろうね、きっと (-_-#)



AUTHOR: ☆秋月☆ DATE: 04/07/2006 23:07:19 私なんてテープも貰えなかったしで
赤ムカデ状態のケロイドですo(><*)o

Return

* Category : 院内囚われの日々
* Comment : (7) * Trackback : (0) |

* by ノアノア
☆Tsimsyatsuiさん
もう全然グロさはないから、見ても驚かないと思いますよ~。
ただの一直線の変わったシミって感じね(笑)
手術の前のすべすべお腹を写真に撮っておこうかと思ったりしたんだけど、未練たらしい気がして
やめたのですが・・・・・・やっぱり、撮っておけば良かったかな?(^_^;)
ホチキスはね~、針の形は文房具のそれとほとんど同じらしいです。住友3Mとかかかな?

* by Tsimsyatsui
こんにちは。
私はそういうのに弱いから、きっとノアノアさんから、お腹の傷を見せられたら、
びっくりしちゃうかなあ。でも、ノアノアさんのお腹だから、優しく撫でてあげたいですね。
ホッチキスとか、テープとか、普通の素人が考えたら、人間に使うとは
思えないような医療道具ってあるんですね。


* by ノアノア
☆夕香さん
うわぁ~、すっごい手術だったんですねぇ。
そういう状況だと入浴はこわいでしょうね。しっかりテープが貼ってあるのでしょうが、体内に水が入っていくような気がしますよね (・_・;)ウンウン
正直な話、私のホチキスの穴でさえ、最初はちょっと怖かったです。
ふさがっていると分かっていてもやっぱりね~。気持ちの問題ですよね。
>不幸は幸せの始まりででもあるのです。
そっか~。そうですよね!すごく前向きな考え方だわ。
さっそく、私の辞書にも登録させていただきます。ありがとうございました♪


* by 夕香
(。・・)ノぉはょぅ♪ 不思議でしょ。というのはわけありでして。
単にデリケートだけじゃなくて、それまでいちども病気なんかした事がない人がいきなり手術して、腸を切り離して一時人工肛門をつけていたからなんです。
だから切り離して1ヵ月ほどそのままの状態でした。(つなげると危ないらしいので)
ショックもひどくて私はおろおろするばかりでした。
その次に腸をつなげてもらって、人工肛門をはずしてという手術をうけました。
二年四ヶ月になります。
だからおなかは穴だらけ~です。その時
から私の不幸が(。・゚゚・(´_ゝ`)・゚゚・。エーン)はじまり・・・
いいえ、不幸は幸せの始まりででもあるのです。気にしてません♪


* by ノアノア
☆作太郎さん
え~、作太郎さんも初シャワーでパニック??
うれしさのあまり・・・・・じゃないですよね?
私なんかうれしくてスキップして浴室に行きましたよ♪
真夏だったから自分の体がピクルス臭くてユーウツでした(笑)
それにしても、みんなデリケートなんだなぁ~ ヽ(^。^)ノ
>ノアノアさんは実はカエルだったのか!?
病院の中庭の池が憩いの場所でした。池で泳いだ後は病棟で熱いシャワーを。。。
最高の贅沢だったケロケロ~♪♪

* by ノアノア
☆夕香さん
ご主人は、腸を60cmも切除されたのですかぁ。すごい!ひたすらすごい!!
傷も相当長いのでしょうね。。。
ケロイドって、少し日が経たないとわからないのですよね。
抜糸直後はわりとおとなし~い傷って感じだし (^_^;)
私の場合、温泉は・・・・・・どうなんでしょうね?
下腹部の傷をマジマジと見つめる人もいないでしょうから、本人が気にしないなら大丈夫かな?(笑)
>初めてシャワー許された時って本人がパニクッて。
え?なんで?どうして?私なんてその日を指折り数えて待ってましたよ。夏だったしね~♪


* by 作太郎
私はケロちゃんっていうので
ノアノアさんは実はカエルだったのか!?
と思って読んでしまいました。
私も手術後(手じゃないですよ)1週間以上、お風呂に入れなくてはじめて風呂に入るときはちょっとパニりました。
薬は詳しくないので名前まで覚えてませんがその後薬を塗ってテープ張ってました。ところでさすが医療ネタ詳しいですね。



個別記事の管理2005-08-29 (Mon)
<2002年 8月下旬>

病院は盗難が多いところだと聞いていましたが、『盗難・置き引きに注意!貴重品は必ず身につけましょう。○○病院事務長 △□警察署』てな感じのプレートが病棟にも
あちこちに貼られていました。

ホントに、病院って危ないところなのね~。
注意せねば!と防犯意識を高めつつあった、ある土曜日の昼下がり。。。。。
土日は午前10時から面会OKで、お見舞いの人がぞろぞろ来ます。
当時、部屋は私を入れて3名で他の2名はお見舞いの人と共に面会室へ。
まだ抜糸が済んでいない私にはお見舞い客ゼロ!(T_T)エーン
あまりのヒマさに嫌気が差して、ベッドに横になってウトウトしていました。

と、そこへ誰かが入ってきました。チラッと見ると大学生くらいの若いおにいちゃん。
部屋の端まで行ってまた戻って、また端まで行って・・・・・を繰り返しています。
私のこともチラリと見て、やっと部屋を出て行きました。
な、何?この人!怖いよ~ ((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

あ~~~っ、これがウワサの泥棒だっ!人がいないような部屋を狙って様子を見に来たんだ!
確信した私。
ベッドの柵にしっかりつかまって、むんずと起き上がりました。
お腹に力がかからないで起き上がるコツを覚えましたからね!スムーズな起き上がりです (^^)v

部屋を出てあたりを o(゜д゜o≡o゜д゜)oキョロキョロ さっきの泥棒にいちゃんはいずこへ?
と、そこへ隣のベッドのおばちゃんが面会室から戻って来ました。
それと同時に廊下の向こうをトコトコと図々しく歩いている若年泥棒を発見!

おばちゃんの腕をグイッとつかんで「あ、あ、あれ、あれ・・・・・・・」と言いかけたら、そのおばちゃんが

「あ、あれ、私の息子!次男の大学生の息子!」

と言って、その泥棒にいちゃんに向かって手を振り始めたのです!

(゚Д゚≡゚Д゚)はぁ? あれって、泥棒じゃないのぉ? おばさんの息子さん???
よかったよ~。「あ、アイツ、泥棒!悪いヤツ!」なんて言わなくて。

もう少しお腹に力が入る状態だったらしゃべるスピードもついていただろうから、おばさんの大切な息子さんを
泥棒呼ばわりしていたかもしれません (^▽^;)

でもさ、見知らぬ人が単独で病室に入ってくるとものすごくドキッとします。
怖いですよ~。

でも本当に良かった!まだ弱ってる頃で。。。。。
タックルしたりおすそ分けで頂いたみかん投げつけたりしなくてさぁ~ (⌒▽⌒)アハハ!



AUTHOR: あかんべい URL: http://www.doblog.com/weblog/myblog/30992 DATE: 08/30/2005 02:20:31 あはは!
おばさんに言わなくて良かったですね。
それにしても、確かに病院では盗難の話はよく聞きます。
お見舞い金とかあるし、顔なじみでない人でも入っていきやすいですからね。
イラストの様な格好で歩いてたら分かりやすくていいのですけど(笑)。

Return

* Category : 院内囚われの日々
* Comment : (9) * Trackback : (0) |

* by ノアノア
★ひなたぼっこさん
怖かったです!(>_<")
知らない人が一人で入って来たのは、後にも先にもあれっきりでしたが、ベッドの上で固まっていました。
こちらから声を掛けた方がよかったのかもしれませんが、そこまで思いつきませんでした。
病院といえども油断禁物ですね。ある程度元気な病人で良かったとつくづく思いました (^^)v

* by ノアノア
★あゆりさん
無言で部屋の端から端まで行ったり来たりするんだから、十分挙動不審ですよね!
一言何か言うとか聞いてくれるなりすればよかったのに・・・・と思うのですが、
私が目を閉じていたから遠慮していたのかな~とも思うし。。。
でも、薄め開けてたの気が付かなかったかな?(笑)

病棟に出入する際は、1Fの受付で名前と住所と電話番号書いて、番号のネームプレートをもらって入るようになっているのですが、そんなの何とでも出来ますしね。
それに、ナースステーションで始終誰かが見張ってるわけでもないし。。。
本気で入ろうと思ったらすごく簡単に入れると思います。
そう考えると、病院って怖いですよね~ ((+_+))


* by ひなたぼっこ
怖かったでしょう!!
私は、先手攻撃型です^^
どちら様ですか・と聞いちゃいます^^;
病室を間違えたひとは、決まり悪そうに出ていきます(^^)

馴れですかしら??

* by ノアノア
★Tsimsyatsuiさん
こんばんは。
何も言わず部屋の中をウロウロされたので、本当に怖かったです。
ウンとかスンとか言ってくれ~!と思いました。
院内にあれだけプレートが貼ってあるという事は、盗難がけっこうあるということなんでしょうね。
私が滞在中はそういう被害は聞きませんでしたけど、他の病棟ではあったかもしれないし。
泥棒チックな息子さんは、ボーダー柄のポロを着ていました。見ようによっては囚人服ですよね (^O^)

* by ノアノア
★peridottoさん
産婦人科病棟だったので、男性(ご主人)の出入りもけっこうあるんだけど、いかんせん彼は若すぎた!(笑)
どう見ても誰かのご主人って感じじゃないし、言っちゃ悪いけどちょっとヤンキーっぽかったのですよ。
人はやっぱり見かけで判断しちゃいますよね (^O^)

* by ノアノア
★+さん
間一髪でおばさんの息子さんは、泥棒疑惑から解放されました (^O^)
早とちりして看護師さんに言わなくてよかったです。
ちょっとした騒ぎになってしまったかもしれませんよね~ (;^_^A アセアセ
そ、そ!病院は泥棒さんの大事な仕事場です。
病人といえども情け容赦はありません!
この世は、焼肉定食・・・・・・・じゃなくて、弱肉強食の世の中なのです!←オヤジ入りまくりぃ m(__)m


* by ノアノア
★あかんべいさん
ホント、ぎりぎりでどうにか間に合いましたよ _( -"-)_セーフ!
口は災いの元ですからね。お~怖っ!
私は、手元にジュース代くらいの金額しか置いていませんでしたが、コインよりテレビカードを盗られた方がショックだと思います。
洗濯機や乾燥機もあのカード使ってやってましたからね。
退院していく人がくれたカードもたくさんあったし。。。。(笑)

* by あゆり
むほっ
よかったですねぇ。。
うんうんっ!全然誰の知り合いとかでもなく知らない人が突然病室に入ってくるとびっくりしますよね。
きょろきょろしたり、挙動不審ぽかったりするとよけいに。。(汗

その子も、堂々と、こんにちはー!って入ってきて、
アレ?○○さんいない?とかここに母がいるはずなのですが。とか
そういう風にいえばいいのにーですねっ♪

病院は、私が入院していたときに、病棟に出入りする際は名前を記入してくださいっていうのがありました。
でもみんな記入してなかったですが(汗
それも不審者避けでしょうか~☆

* by Tsimsyatsui
こんにちは。
誤解を与えるようなことをしなくて良かったですね。
怪我の功名ってやつですね(違)
噂のドロボーってことは何度もドロボーが入っているのでしょうか。
でも、威圧感のあった息子さんだったのかな。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。