12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2005-10-11 (Tue)
古い話で恐縮ですが、今日は退院記念日なのですよ~!
8月16日から今日まで・・・・・長かったような短かったような、でもやっぱり長かったのかな?
本当は2週間で退院する予定だったから、それを思うと2ヶ月は長いよね。

体に取り込まれた点滴約100本。撮ったレントゲンの枚数40枚ほど。。。
点滴さん、レントゲンさん、大変お世話にまりました m( __ __ )m

「食事時間がズレると腸に良くないからお昼は病院で食べようね」「外科の先生の診察を受けてそれでOKが出たら、それから退院処方を書くからね」と主治医に言われて病院を出たのが夕方4時頃でした。
途中で緊急手術なんぞが入って退院処方が遅くならなくて良かったです (´▽`) ホッ!

家路に向かうタクシーの中から見た景色は、今まで見た景色のどれよりもキラキラ輝いていました。
夕日のせいもあるけど、色の洪水!洪水!洪水!
なんてこたぁない普通の街なのに、こんなにもいろんな色で溢れていたなんて・・・・・。
病院の決まりきった色がすべてになってしまっていたんだな~と、ぼんやり思いました。

やっと退院できたというのに、あんまりうれしくありませんでした。
いえ、それなりにうれしいんだけど、それよりも不安の方がずっとずっと大きいの。。。
タクシーの中で泣きそうになりました。
この状態で本当に普通の生活が出来るようになるのかな?
夜中に激痛が襲ってきたらどうしよう?
もう助けてくれる人は誰もいない・・・・・・・とても恐ろしかったです。

久しぶりの我が家、リビング、自分の部屋。なつかしいはずなのにしっくりきませんでした (^_^;)
病室のだだっ広さに慣れてしまっていたので、リビングがとても狭く感じられました。
夜目が覚めて、ベッドの周りにカーテンがないのが不思議でした。

しばらくは、病院に戻りたくて仕方がありませんでした。
バカみたいだけど本当のはなし。微妙な心境ですね。

でも、それもこれも1-2週間もすればどこへやら。
やっぱり自分の部屋が一番だし、食事だって我が家の方がもちろん断然美味しいし♪
朝6時に目が覚める習慣なんてあっという間に吹っ飛んでしまったし (^O^)

入院が長いとあまりよくないですね~。すっかり病院に対する依存心が芽生えてしまったようです。
入院生活に慣れるのも大変だけど、入院期間が長いと退院後の普通の生活に慣れるのにもある程度時間が
かかるんだなぁとつくづく思いました。

入院するといろいろ物の見方や考えが変わるとかって言われているけど、
果たして私はどうだったのでしょうか?
それほど壮絶な経験をしたわけじゃないから、大して何も変わらなかったような気がします。
向上心のないヤツめ~!ってとこでしょうか (^^ゞ

でも、これだけは言えます!ていうか、自分に誓いました!
今後一切手術はしない ←たとえ虫垂炎でも
今後ぜーったいに入院はしない ←たとえ豪華な病室でも


あ~、やっぱり考えることが低レベル???(;^_^A アセアセ・・・・・



AUTHOR: Tsimsyatsui DATE: 10/12/2005 09:36:21 こんにちは。
本当にノアノアさんがこうして元気になられて良かったです。
病気を治してちゃんと退院できたからこそ、こうして、ブログでノアノアさんと
出会えたわけですしね。本当に良かったです。
これからも、元気で頑張ってくださいね♪
* Category :
* Comment : (7) * Trackback : (0) |

* by ノアノア
♪2800さん
色の洪水はね・・・・・「シャバってぇのは明るいなぁ。目が潰れそうだぜ!」って感じで、
本当にキョロキョロしちゃいましたよ (^O^)
退院して初めて近くのスーパーに行った時も、あまりの品数の多さに目が回りそうに
なってあわてて帰ってきたことがあります。
ちょっと情けない話しですけどね (^^ゞ
やはり病院というのは特別な場所なんですね。‘日常から切り離される’を、身を持って実感しました。

* by 2800
退院記念日ですか。何か外の景色が色の洪水に見えたりとか、リビングや自分の部屋が何だかしっくり来ない、というあたり、ノアノアさんのお気持ちが何だか私にもよくわかるような気がしました。
点滴100本!本当に大変でしたね。よくガマンされましたね…。どうかこれからはずっとずっと健康で、いつまでも楽しいブログを読ませて下さいますように、お祈りしています。

* by ノアノア
♪あゆりさん
やっぱりソリタは有名ですよね!血液から入れるスポドリって感じ (^O^)
私はこれの他に‘ヴィーンD’というのと交互に点滴されていました。
ソリタの方が何となく痛いのね。血管に入った瞬間がわかるのです。
濃度の関係らしいですよ。濃度が高いほど痛い・・・・・(>_<")

空腹は胃がカラッポになって感じるのではなくて、血液中の満腹ホルモン?の
増減で脳が認識するらしいです。
点滴中に空腹を感じないのは、中にそういう物質が含まれているってことかな?
でも一番の大きな要因は体のコンディションですよね。やっぱり大元はコレですね。

無色透明の点滴って面白くないですよね~。
ピンクとかペパーミントグリーンとかマリンブルーとかがあったら
少しは明るい気分で過ごせるのにね♪←まるで入浴剤?(^O^)

* by あゆり
> 名門点滴‘ソリタT-3’です。
おおぉっ!!コレ、経験ありますよ~!
アレですよね、アク○○○スとか、ポカ○○○ットと似たようなものだって
言われましたー。。。
それゆえ、私も飲んでもいいんじゃん?って思いましたよ~っ!
この点滴していると、香りでなんとなく食べたい気持ちにはなりますが、
お腹は減らなかったのです。。。不思議でした。

点滴が取れてからも、ガラガラを持つ癖がついてしまって、
点滴がついてないのにガラガラと一緒にトイレに行った日々を思い出します(笑
私も、手首付近にされた点滴が結構負担をかけたらしくて、血管が変な形になってしまったです(笑
そんなに長い時間じゃなかったのに不思議ですだー。

* by ノアノア
♪+さん
24時間営業の点滴でしたからね。でも100本近くいってるとは自分でも驚きでした。
私の場合、血管が元気がいいせいか、すぐ逆流してしまって刺し直しになることが多かったです。
逆流を元に戻す方法というのも一応身につけたのですがね。。。
逆流しそうになると自分で点滴を一時的に止めちゃったりして、
よく看護師さんに怒られていました (^▽^;)
子供の点滴姿は見ていて痛々しそうですよね。見ている方がツライ!
+さんのご両親もさぞお辛かっただろうと思います。
もし、+さんが入院したらすぐお見舞いに行きますくま!お菓子たくさん持って行きますくま!(^O^)

* by ノアノア
♪あゆりさん
よ~く数えてみたら100本近くになってて、自分でもびっくりしましたよ!
よく頑張ったな~、私の腕!!って感じです。
腸閉塞に使う薬剤はけっこう強いものがあり、最後の方は血管炎になって痛かったです。
2ヶ月位そこの血管が硬くなっちゃってたし(涙)
日常的に使われていたのは電解質の名門点滴‘ソリタT-3’です。
あゆりさんもソリタは経験あるんじゃないでしょうか?
点滴している方の腕って、何となくモワ~ンとむくみますよね。
点滴されると本気で日常生活が不自由だわ!と身をもって体験しました。
点滴液を飲んでみたらどうなるんだろう?とか、くだらないことばかり考えていました (^▽^;)

* by +
こんにちは。
2週間が2ヶ月になってしまったんですかくま??
点滴百本(@(ェ)@)。。。くらくら(お注射ダイキライ
大変だったんですくまね。
元気になってホントに良かったですくま(・(ェ)・)v
僕は入院て小さい時しかしたことないから、ほぼ記憶にないんのです。
手術おっかないので、入院しないでよい健康体を保つよう心掛けようと思いますくま。
そういいながら、お菓子を食べすぎますがくま。。

コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。