12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2006-02-20 (Mon)
自分の子が一番かわいいのはわかるけど、何とも自己中心的で背筋が凍るほど冷たい言葉ですよね。

私が小学生だった頃のお話。

3-4年時のクラスにRちゃんというとてもかわいい女子がいました。
着てくる洋服もいつもかわいいものばかり♪
一人っ子だったせいか、おっとりしていて上品で、おまけに勉強も良くできて、男の子のあこがれの的でした。
いつも、その子の周囲には誰かがいる・・・・・そんな感じで、とにかく華のある子でした。

5-6年時はクラス替えで私とは別のクラスへ。

そして中学。学区的に私と同じ中学のはずなのに、その子がいません。
私立を受けたという話も聞かないし・・・・。

その子と仲が良かった女子に聞いてみました。

「あの子、5年生になった途端、だれも友達がいなくなったよ。いつも一人だった。
かわいそうけど、あの子の場合おばあさんが悪いのよ」

Rちゃんの両親は共働きだったので、おばあさんが面倒をみていたようです。

で、遊びに行くと、おばあさんが遊びにきた友達の品定めをして(親の職業とかで)Rちゃんにふさわしい子を決め、なおかつ、今日家に上がっていいのは3人までとか5人まで・・・・と、制限をしていたらしいのです。

3-4年の子はそれで納得させられても、5-6年になるとさすがに子供達の方がおかしいと騒ぎ出したんですね。

結局、その子は越境入学ということで、違う学区の中学に行ってしまったそうです。

「ここの学区の子供達はウチのRちゃんにはふさわしくない子が多い」
と、そのおばあさんは言ったそうです。

おばあさん、孫かわいさに、でも結局は自分で孫に辛い思いをさせることになってしまったんですよね。。。

子供を思う親(祖父母)の気持ち、もちろんわからなくはないけど、バランスというかある程度客観的に見る姿勢とか・・・・・・いろいろ難しいんだろうなと思いました。


AUTHOR: Tsimsyatsui DATE: 02/21/2006 09:17:06 こんにちは。
自分の子供に対しても、ペットに対しても、良かれと思っていたことが
必ずしも良いとは限らないですよね。
そのおかげで、他人に迷惑をかける子供が増えましたし、ペットも、
よしよしといって餌をいっぱい上げてしまって、結局糖尿で早死にしたり、
子供やペットに一番厳しく当たれるのは親や飼い主なのですから、
その親が判断を誤らないようにしないといけませんよね。
* Category : 日常
* Comment : (5) * Trackback : (0) |

* by ノアノア
■2800さん
そうなんですよね。Rちゃんのおばあさんもすべて良かれと思ってしたことだと思うのですよ。
それはわかるのですけどねぇ。Rちゃん以外の他の子の気持ちを傷つけてまで・・・・と思うのですよ。
「自分の子さえ良ければそれでいい」の極端な例かなと思います。
Rちゃんのその後、私も親の転勤でその土地を離れちゃったし、どうなったのか全然わかりません。
すごくかわいい子だったから、幸せな結婚をしてステキな家庭を築いているんじゃないかな♪

* by 2800
「ひいきの引き倒し」という言葉を思い出してしまいました…。良かれと思って愛情のあまりやったことでも、かえってその人のためにならないことがあるんですね。
その後、Rちゃんがお幸せになっていらっしゃるように、と思います。

* by ノアノア
■ひなたぼっこさん
口出ししないで見守るというのも、大変な忍耐がいることですよね。
私の祖母はどうだったんだろう??
一緒に住んで親代わりに面倒を見ていると、やはりついあれこれ言ってしまうのかもしれませんね。
Rちゃんのおばあさんのように、友達に制限をつけるのはさすがにやり過ぎだと思いますが。
>子育ては一度で沢山です
なんかすごく重みを感じるお言葉です (^_^;)

* by ひなたぼっこ
側に居りますが、相談されればはなしは聞きますが、口出しは
一切致しません!子育ては一度で沢山です^^;

* by ノアノア
■kaguyaさん
今は本当に子供が育ちにくい時代・環境だと思います。
誰を信じていいのかわからない。そして、誰も信じられない。子供には過酷な環境ですよね。
地域ぐるみで子供を育てる・・・・・個人主義が加速する中で、これはかなり難しいことだと思います。
せめて子供時代くらいはのんびり平和に毎日笑って過ごせるようにしてあげたいですよね。
と、昭和の(古き良き!)時代にのほほ~んと子供時代を送った私はそう思うのでありました。
子供を大事にしないと、いずれ国家は滅びちゃうものね。。。

コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。