12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2006-07-23 (Sun)
あれは、南九州に住んでいた頃の小学校3年生の夏休みの出来事でした。

少し前にやっと自転車に乗れるようになって、自分用の自転車を買ってもらってうれしさ300%のノアノア。

ある日の昼下がり、一番気温が高いと思われる時間帯。
母親の「昼寝の時間!」の命令を無視して外で自転車乗り♪

最初は一人だったんだけど、気がつくと顔見知りの男子が加わって、
二人で当時住んでいた集合住宅の周りをグルグル走行。

気温が高くて火がついたのか、元々そういう性格だったのか、そのうちスピードを上げ始めて
いっちょ前に二人して自転車レースを展開。

同じ学年の男子だったんだけど、抜きつ抜かれつのデッドヒートもどきを繰り広げ、
気分はすっかり競輪選手 ブイ V(=^‥^=)v ブイ

と、何週かしたところで、スピードを出すあまりコーナーを曲がりそこなった私は・・・・・・




気がつくと、デ~~ン!とうつ伏せに倒れていました。しかも大の字で。。。




「○○(男の子の名前)、早くノアノアちゃんを起こしてあげなさい!早く!!」と、女の人の
キンキン声が聞こえます。彼のお母さんですね。

でも、8歳かそこらでも一応、女なんですね~。
うつ伏せ大の字になったまま(顔を怪我してるかもしれないじゃない!鼻血ブーになってるかもしれないじゃない!恥ずかしいから起こさないでよ!ほっといてよ!!)なんて小生意気な事を思ったりしたわけですよ(笑)

意に反して起こされた時に見たのは、自分の2mほど後ろに倒れている自転車と、前方に飛ばされた
白い帽子(←お気に入り)でした。

私は、ハンドルを飛び越えて地面に顔から激突したようです。
恥ずかしさ満点でしたが、不思議と痛さは感じませんでした。
不幸中の幸いってやつです(違)

顔の被害は意外と少なく、鼻でスライディングした証拠に鼻筋にガリガリガリ~っとすり傷を作っただけでした。
鼻血も出ていませんでした。激突加減がよかったのでしょう。

私のそんな顔を見て、「子供でもやっぱり鼻が一番高いのねぇ」と言い放った母に、思わず人間の冷たさを
垣間見た夏の一日でした (^▽^;)



AUTHOR: asc DATE: 07/23/2006 08:21:45 (~~)。。。 大怪我にならなくて良かったですね ~~;
子供時代は、身軽なので助かったのでしょう
まあ、今なら、充分危険な気がしますが・・・(^^)
* Category : 哀れ自叙伝@縄文時代のノアノア
* Comment : (9) * Trackback : (0) |

* by ノアノア
▲作太郎さん
トムソーヤごっこだなんて、聞こえがお坊ちゃま風ですね~ (^O^)
でも、男の子って秘密基地を作るのが好きですよね。
秘密っていうのがドキドキしていいのかなぁ?
そこに、ガラクタ(お宝とも言う 笑)を隠しておくんですよね!
山川豊・・・・・・・プププッ(* ̄m ̄)ノ彡☆ばんばん!!
作太郎さん、今になって秘密のおうちなんて作ったらダメですよ~ ( ̄m ̄* )ムフッ♪
>女の子にとっては大事な顔、大怪我にならなくてよかったですね♪
これからは、シミやシワに悩まなくてはなりません(泣)

* by ノアノア
▲夕香さん
夕香さんは上にお兄さんがいらっしゃったのですね。
だから、チャンバラごっこ・・・・・納得です (^_^)v
上が男の子だと影響されてたくましく育つか、逆に両親に‘女の子’であることを強く要求されて
乙女チックに育つか、両極端のような気がします。
いたんですよ~。小学生だった頃、近所の女の子がまさしくそれで、いつもフリフリの服やソックスで、
髪はゆるやかウエーブって感じの子が ←少し前に流行った名古屋巻きみたいなの
羨ましかったけど、小学生でウエーブかよっ!とちょっと引いてました(笑)

私の叔母さんも、結婚して子供を産んでから自転車に乗れるようになりました。
独身の頃運転免許取って、次が自転車で〆が原付・・・・・・ちょっと順序がヘンですよね~ (^O^)

* by 作太郎
子供の頃、ノアノアさんは自転車ごっこ、夕香さんはチャンバラごっこをしていたのですね(笑)私はトムソーヤごっこに明け暮れていました。
勝手に川辺にある空き地を秘密基地と名付けて、よく山川を探検したものです。
だから私の本名は山川豊といいます(汗)

それにしても女の子にとっては大事な顔、大怪我にならなくてよかったですね♪

* by 夕香
それがね。全然覚えていないんです。だから気がついたら傷があったのでああ、あの時のっていう感じです。
私のおてんばはしかたがないのです。というのは上は兄だったもので、いつも友達といえば男の子でしたからね。小さいころにでも勝ち気は養われたようでいつも(男にはまけない)ってこれってすこしヤバイかな?

<顔で笑って心でなくって・・・>顔も結構こわばったりしてました~♪
ちなみにこんなおてんばなのに自転車は36歳の時に初めてのりました~。
おくてなんですぅ。(どこが???単に運動神経が悪いのみ)

* by ノアノア
▲Tsimsyatsui さん
こんばんは。
Tsimsyatsui さんも自転車で怪我をしたことがあるのですね (^_^;)
お互いに対自動車じゃなくてよかったですよね。
私もスライディングの後、特に自転車が嫌いになることはありませんでした。
恐怖心が足りないのかなぁ?(笑)
最近、歩道を疾走する自転車が多くて困ります。
条例か何か作ってちゃんと取り締まって欲しいな。安心して歩きたいよ~!

* by ノアノア
▲夕香さん
チャンバラごっこですかぁ!おてんばだった夕香さんの子供時代が想像できますね (^O^)
木刀で頬に傷というと、今やってる大河ドラマの「山内一豊」を彷彿とさせるような・・・・・。
でも、怪我をしたときはさぞショックだったでしょう。
私もあの後、親戚の人達に「女の子なのに・・・・・・ねぇ・・・・・」と、何回も言われてけっこう凹みました。
夕香さんは、顔で笑って心で泣くタイプの女の子だったのではないでしょうか?

* by Tsimsyatsui
こんにちは。
子供の頃って、何であんなに自転車で無茶できたのか不思議ですよね。
私も、急勾配の砂利道の坂を下って、転倒して、ほほに傷を負ったことも
あります。でも、自転車が嫌にもならないのがやっぱり、子供だったのかな
と思いました。
今は、自転車で人にぶつけたりして、怪我を負わせると前科が付いて
しまうので、自転車でも無理は出来なくなってしまいました。

* by 夕香
おはようございます。
まあ、みんなそれぞれ何回かはそういう体験ってありますよね。其の程度でよかったです。実はわたしなんか、チャンバラごっこであいての男の子に顔、しかも頬のあたりを木刀でつかれて今だに傷が・・・。
いかにおてんばだったか・・・?男の子なんかなんのそのですよ。いまだに男にはまけへん~といきまいてる私。やりすぎかしら♪(゚▽^*)ノ⌒☆

* by ノアノア
▲2800さん
子供の頃の傷の治りはたしかに早かった!シミ?にもならなかたったしね(笑)
>外科でお医者さんがいきなりバリッと・・・・・・
読むだけで顔が歪みます (>_<")
今の私だったら、「何すんじゃ、こりゃぁ~!」と、お医者さんの頭をペチッと叩いちゃうかもしれません (^O^)

コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。