123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2005-03-18 (Fri)
<2002年 6月>

お腹に(下腹部です)ぽっこり触れる何かがあることは知っていた。
ずーっとずーっと前からわかっていた。

そう・・・2-3年前くらいから ヾ(・・;)オイオイ

子宮筋腫だろうなぁと何となくそう思っていた。
ていうか、それしか考えられなかった。

一応それなりにショックだったけど、すぐ病院に行かなくちゃ!とは思わなかった。

悪性のものじゃないから命の心配はないわけで、だから、気力で凹ませようと思っていた←大バカもの

毎日、朝な夕なにお腹を触っていたけど、日によっては小さく感じられることもあり(あ、やっぱり凹みつつあるんだ~)などと、マヌケな妄想にとらわれていた。
『病は気から』って本当だね!なんて、随分のん気なことを考えていたものさ。

どうしてすぐに病院に行かなかったのか?


それは・・・やはり・・・内診がイヤだったから。
妊娠でもないのに産婦人科に行って、あんな恥ずかしい格好をさせられて診察されるのは屈辱以外の何ものでもないと心底思っていたから。

もうかなりいい年なのに、婦人科検診すら受けたことがなかった。
産婦人科は、一生私には関係がないところだと思っていた。
そう信じ込んでいた。

2-3年はあっというまに過ぎていった。
そして、私のお腹はどうしようもなく膨らんできた。

貧血も過多月経もなかったけど、赤ちゃん以外のものでお腹がこんなにも膨らむなんて、さすがの私も(こりゃ、かな~りヤバイわ!)とあせり始めた。

筋腫が巨大化して一番困ったこと。
それは、仰向け寝ができなくなったということ。
仰向けになると、お腹の上に小玉すいかが乗っかてるようで、どうにもこうにもヘンな感じ。
違和感てんこ盛り!安眠妨害因子!

その時点での不都合は、それだけだった。
これって前向きに考えればラッキーなことなのかも?(-_-;)(;-_-) チャウチャウ

4月にハワイに行ったことだし、もう思い残すことはないと覚悟を決めて、やっと病院行きを決意!

でもどこの病院に行っていいのか皆目見当がつかず・・・。
ネットで調べ上げるのに、また少し日にちがかかってしまった。

多分というか、200%の確率で手術になるだろうし(←いくらおバカな私でもそれくらいの見当はついた)産婦人科デビューで、いきなり衆人環視の中で大変お見苦しいものを披露するのは犯罪チックなような気がしたので、大学病院以外を必須条件に交通の便も考えて2つの病院(総合病院)をセレクトしてみた (^_^;)

 +++つづく+++

* Category : 筋腫(Myoma)的日々
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。